1. ホーム
  2. レポート
  3. 山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)
2011年01月20日

山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)

2011年、最初の取材は山崎十日市へ行ってきました。

山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)

山崎十日市は、毎月10日。平日だとなかなか行けないのですが、今回はたまたま祝日だということで、伺わせていただくことにしました。場所は、サントリーのウィスキー山崎で有名な、京都府乙訓郡大山崎町。JR山崎駅前が会場でアクセスが非常に良いですね。
まずは主催者であるレリッシュさんのお店へ向かい、お話を伺うことにしました。

山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)

「山崎十日市は、今年で約7年目になります。毎回10店舗ほどの小さな市ですが、逆にお客さんとたくさんコミュニケーションがとれてあたたかみのある市になっていると思います。
お店は、公募ではなく、まず出店希望者さんとお会いして市の主旨をご理解いただいてから登録していただきます。市を開催するときに、スタッフで出店者さん の全体のバランスを見て、こちらから登録されているお店に声をかけさせていただいています。」と、落ち着いた雰囲気でお話される主催者さん。この市を大事 にされている気持ちが伝わります。
「毎月10日というのには、もうただ単に覚えてもらいやすいかなぁと思って(笑)みなさんお休みの曜日はまちまちでしょうし、平日になったり日曜になったりした方がいろんな方に来ていただきやすいかなぁと思いました。」
今回から、場所を野外に移しての開催。その点については「今まで1回につき10店舗ほどしか出店していただけなかったので、ひどいときは数カ月に1回の割 合でしか来ていただくことができませんでした。でも、今回野外に場所を移動したことで、15店舗ほど出店していただけるので、もう少し早いローテーション で登録していただいたお店にもお声をかけさせていただけるかなと思いますね。お天気のことは気になりますけど、晴れた日の気持ちよさは格別ですね!」とのこと。

山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)

この日の空は青空。しかし、たまに雪がちらついて寒い1日でしたが、出店者のみなさんもお客さんたちも笑顔でとても楽しそうでした。たしかに10~15店舗という小さい市にはなりますが、ひとつひとつのお店をじっくり見てまわれる満足感を感じられます。
山崎にはサントリーの工場見学や、アサヒビールの大山崎山荘美術館、また知る人ぞ知る文化遺産の「聴竹居」という建築物もあり、見どころがたくさんの地域なので、1日楽しめるのではないかと思います。

「山崎十日市」の今後の開催日などは、イベント情報のページでご確認いただけます。

「山崎十日市」開催予定

ちなみに…こちらの編集部ブログ「忘れものを取りに行きます。」で予告していました、陶芸家・奥川さんとの再会ですが、なんと今回は急きょ欠席ということでお会いすることは叶いませんでした^^;ざ、残念。

こんなお店に出逢いました

食と暮らしのうるおいサロン Relishさん

山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)

今回の山崎十日市の主催者さんのお店です。山崎の駅前でほっこりするような素敵な品ぞろえのお店を運営されています。1dayレッスンや料理教室、ワークショップなどなど、イベントも盛りだくさんです。

山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)

ひだまりさん

山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)

きれいな色と柄の布地でたくさんの小物と洋服をつくっていらっしゃったのは、ひだまりさん。 すべて着物の生地や帯で作られているのだとか。お若いころから洋裁をやっておられて、小物雑貨を作り始められたのは、3年前からとのこと。山崎十日市以外 では、因幡薬師手作り市へ出店されているそうで、とても上品で魅力的な方でした。

山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)

whangdoodlesさん

山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)

オーダーメイドの靴を制作・販売されているwhangdoodlesさん。とてもかわいいデザインが目を引きます。お話をうかがっている最中に来ら れたお客さんは、なんと4足目のご注文!こちらで作られた靴の履き心地がいいからだそうで、それだけで靴の品質の良さがわかりますね。靴以外にも、ブック カバーやパスケースなど革小物も充実です。

山崎十日市へ行ってきました。 (京都府乙訓郡)

News Index